TOP > 白山ジャーナル > 圧接の原理
技術情報

圧接の原理

白山ジャーナル

結合原理

例えば、鉄で考えた場合。鉄は、鉄の原子と炭素の原子の結晶できています。鉄は溶かさなくても、一定の距離まで縮めると、原子間引力により原子同士が互いに結びつこうとする性質を持っています。これを金属結合といい、弊社の金属接合製品もこの性質を応用したものです。この性質は鉄だけでなくあらゆる金属に当てはまる性質です。

圧接の原理

接合する金属材料に突き合せ力をかけ、原子間の距離を縮めることにより生じる金属結合の性質を利用し、接合を図るのが圧接による金属接合です。

ところが金属結合には一つの問題があります。空気中では鉄は酸素と化合し酸化膜を形成致します。酸化膜は原子同士の結びつきを邪魔し金属接合を妨げます。

この酸化膜を取りの除き、原子を活発化させるため、金属に加熱および加圧を行います。 加圧と加熱を同時にかけることにより(1)酸化膜の除去、(2)原子の運動及び拡散を促進し、原子レベルの融合を促します。

金属の原子同士が結合しているため、強度な接合が得られます。ただし、酸化膜の除去及び金属結合が完全に行われないと満足する結合強度が得られません。そこで、弊社では独自に2段加圧方式を開発し金属組織上好ましくない欠陥を接合部の外へ押し出すことにより、大幅に接続性能を向上させました。これを加熱圧接機として、電線メーカー様、鉄道会社様等 多くのお客様にご利用頂いております。

BFH型圧接機の製品紹介はこちら
BSH型圧接機の製品紹介はこちら
レールガス圧接機の製品紹介はこちら

関連記事