TOP > 白山ジャーナル > 金沢R&DセンターNews【高性能多孔質熱電材料の創製に成功】
news

金沢R&DセンターNews【高性能多孔質熱電材料の創製に成功】

白山ジャーナル

高性能多孔質熱電材料の創製に成功
―未利用熱を有効利用する高耐久性熱電変換モジュールの実現を目指す―

画像20171117.jpg

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)プロジェクトにおいて、当社らは、従来のn型熱電材料に対し6割以上の出力因子の性能を有する多孔質p型マグネシウムシリサイド系熱電材料の創製に世界で初めて成功しました。

今後、自動車エンジンの排熱や産業分野で300~400℃の未利用熱エネルギーを電力に変換する低コスト・高耐久性熱電変換モジュールの実現を目指します。 なお、本成果は、2017年11月20日から22日まで東京ビッグサイトで開催されるINCHEM TOKYO 2017「NEDO省エネルギー技術フォーラム2017」で展示、最新の省エネルギー技術として取り組みや開発について紹介します。

詳細資料:NEDOニュースリリース_高性能多孔質熱電材料.pdf
NewsRelease20171117.gif

関連記事